1984

1984年に、リータとヴィルジリオがのちにトゥアリータとなる土地と建物を購入した時、これらは土を耕しながら自然と触れ合って生活する場所の枠組みにすぎませんでした。しかし、抑えきれないワインに対する情熱がこれらを変えるのでした。

もとの2ヘクタールのブドウ畑から、イタリアにおいて成功を収めた“ヴィンデガラージュ”のモデルの下、のちの10年間に9そして20ヘクタールと拡大し、今世紀初頭には現在のブドウ畑である30ヘクタールに達しました。

コルニア渓谷と呼ばれるティレニア海とメタッリフェーロ丘陵の間に位置するこの土地の可能性に大きく注目していたリータとヴィルジリオの当初から絶えることない情熱のおかげの成長です。

耕作と醸造所経営へのリータとヴィルジリオの熱意、そして2010年にこの世を去ったヴィルジリオの後、農園経営に携わる彼らの娘シメーナの夫ステファノ・フラスコッラの貢献なしには、そのイメージとマーケティングを獲得することはできなかったことでしょう。

農園の名称は、名前と苗字を単純に逆にしたリータトゥアです。