農園の生産に対する哲学は、妥協なき品質の追求、当然ながらブドウ畑の経営から始まります。

耕作の形態は単叉栽培と二股栽培が交互に並び、1ヘクタールあたりの耕作密度は約5,000から9,000株と幅があります。

ブドウの防衛

ブドウの保護は有機栽培方式によりますが、その基本的な目的は苗を太陽から守ることにあり、健全な土地と環境、さらには農薬の完全無使用を保証することが何よりも重要です。

土地

トゥアリータの土地は、緩やかな起伏のある丘陵に位置し、主に痩せた土壌(石、岩)、粘土、泥、砂そしてミネラル分を多く含んだ細かい成分からなります。
当農園は上マレンマ地方に位置しますが、上記した土地はメタッリフェーロ丘陵の名の由来となっています

この特徴は、トゥアリータのワイン特質を決定するもので、鉄分由来の芳醇さ、また塩分由来の味わいとして表現されます。